薬を使わない療法によって、多くの方が「うつ」を克服して楽に生きてくためのお手伝いをしています。

うつ病克服法薬を飲まずに治す精神科医の講座 TOP > うつ病克服法のメソッド

「薬を飲まずにうつを治す」のメソッド

 

うつ病克服法のメソッドを創作した目的


  • 不意に襲い来る不安感からの解放

  • 絶えず頭を離れない自己嫌悪からの解放

  • 20年間苦しみ続けてきた「うつ」からの解放

  • 長年の自殺願望からの解放

  • 手放せなくなっていた薬からの解放

  • 「うつ」再発の恐怖からの解放

うつ病克服

あなたのあらゆる「うつ」の悩みを解消
うつ病克服

実績に基づいた

「うつ」を克服するための正しい方法さえ知ってしまえば、

「うつ」から抜け出すことは、あなたが思っているほど

難しいことではありません

うつ病克服

「うつ」の多くは「人間関係」や「考え方」に原因があります
「人間関係」や「考え方」は薬では治せません。
うつ病克服

それは、食生活を自然の法則に従った
本来の姿に戻すことから始まりました。

食生活を変えたら、ストレスで肥満していた身体が2ヶ月で20kgも痩せて適正体重に戻り、同時に気力の高まりを感じられるようになったのです。
うつ病克服


「食生活」、「心理学」、「考え方」。
この3つのポイントを改善することで、
コミュニケーションを学び、本当に楽に生きられるようになっていったのです。
うつ病克服

私が構築した「自己メンタルセラピー」をひとりでも多くの方にお伝えすることができれば、

「うつ」で苦しみ悩んでいる人の考え方が楽になり、

世の中が元気になると信じています。
うつ病克服
うつ病克服
薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座


宮島賢也さんのプロフィール 


薬を使わない精神科医 宮島賢也 
湯島清水坂クリニック院長

うつ病克服国際メンタルセラピスト協会専務理事
マスコミ掲載実績
・SPA「リタリン・薬物中毒について」
・人材教育9、10、11月号「レアリゼ真田氏、渡辺義氏とのメンタルヘルスのパブリックモデル対談」
・壮快 多数登場
・みんなの朝バナナダイエット 文化社 新谷弘実先生の次に「朝バナナダイエット応援メッセージ」
・読売新聞リエール 夏ばて予防
・セラピスト 2010年10月号
・女優山本みどりさんと対談
ビープラス「仕事を楽しむためのWebマガジン」


 

 

 

やさしい腰痛解消エクササイズ 『エゴスキュー・メソッド』  骨盤歪み改善で健康・骨盤美人

 

気候・日照時間に美肌に大きな影響が!ポーラ主催の『ニッポン美肌県グランプリ2014』で、島根県が “日本一美肌の人が多い県”に選ばれた。島根は3年連続で首位を獲得。風や紫外線の影響を受けにくく、潤いを保ちやすい地域環境が美肌力の維持に繋がっていると見られている。島根の方に聞くと“お弁当を忘れても傘は忘れるな”といわれるほど雨の多い地域。温度が高いほど空気中の水分量を含み、南に位置しているため気候も暖かい。そんな地域特有の天候が、肌の潤いを保っているらしい。入浴時間も大いに関係していて、血液の循環も良くなりますし、温かいお肌は化粧品などが肌に入りやすく効果が出やすくなるんです